35歳で職歴ボロボロだけどリクナビNEXTに登録した結果

こんにちは!
もうすぐ私の大好きなん高校野球が始まります!
心はいつでも高校生な人材コーディネーターのヒロです!

今日は当ブログを見てメッセージを来れた方がいらっしゃいます。
その方に取材をさせていただきました!

内容は題名の通り、35歳で職歴ボロボロの人がリクナビNEXTに登録した結果です。

最初に行っておきます。

これ、ガチです。
ヤラセは全くありません。



では、今回協力してくれたマサシさんの略歴を紹介します。


<略歴>
建築関係の専門学校を卒業。
運送会社:2年
無職:1年
派遣工員:1年
フリーター:3年
無職:1年
派遣工員:3年
無職:2年
派遣工員:現在まで


最も長く続いた仕事は派遣工員の3年です。
さらに空白期間もあります。
何度か書きましたけど、空白期間があると面接で意外と不利になります。

マサシさんの経歴は、ハッキリ言うと悪いです。
そんなマサシさんは『今度こそ正社員になるぞ!』と意気込んで、リクナビNEXTに登録しました。

リクナビNEXTに登録前は『大手の転職サイトじゃ、俺のような経歴ボロボロの人間にオファーが来るのか?』と思っていました。

ところが…!



rikunabi2.jpg


(↑見にくかったら画像をクリックしてくださいね)



わずか半月で約50社のオファーが来ました!



(メールは80件ですが再送も含むので、オファー件数としては約50社です)




ちなみに、マサシさんが登録した条件は以下のとおりです。
・正社員
・生産管理(工場)
・年収400万円以上





中には業務請負の会社や、派遣会社もありました。
そういったところは絶対にやめたほうが良いとアドバイスし、
大手メーカーの子会社を3社選び、選考に進むように助言しました。
(あくまで、私個人としてアドバイスです)



これ、どういうこと?
経歴がボロボロでもオファー来るの?

と、疑問に思う人もいるでしょう。
もう一度言いますよ。

これ、ガチです。


今は本当に人手不足なんです。
特に製造業!!


・俺、職歴ボロボロだけど大丈夫かな?
・30歳超えてるけど…オファー来るの?
・某掲示板で、30代で職歴なしは正社員になれないって書いてあったけど…。


大丈夫です!
ガチでオファー来ます!!
それも、質の良いやつが!!



1つだけアドバイスがあります。
リクナビネクストに登録する際に、自分の情報を入力します。
そこで、自己PRなどを入力するわけですが、面倒くさがらずちゃんと書いて下さい。
別にうまい文章を書く必要は全くありません。
でも、空欄はダメですよ。

自分は安定した会社で働きたい。
モノづくりが好き。
機械を使った作業が好き。
物事にじっくり取り組める性格です。

って感じで書いてください。


経歴がボロボロの35歳でも、質の良い企業からオファーが来てます!
正社員になるなら今が本当にチャンスなんです!
掲示板の書き込みなんて信じるな!!
登録してみれば分かる!
安定した企業で、落ち着いて働きたいと思うなら、騙されたと思って登録してみてください!

↓リクナビNEXT↓

35歳からホワイト工場へ転職成功!

こんにちは!!
流浪の人材コーディネーターのヒロです!!

今日は、久しぶりに転職成功例を書きたいと思います!!


名前:アキラさん
年齢:36歳
学歴:高卒

アキラさんは、高校卒業後コンビニのアルバイトを二十歳まで続けていました。
二十歳の時に上京して建設現場の鉄筋工や小型クレーンの運転手などガテン系の仕事をしていました。
30歳の時にガテン系から派遣の工員になり、メーカーの工場を転々としました。
35歳の時にこのままじゃダメだと思い、転職活動を開始して約半年後に見事転職を成功させました!
では、アキラさんとのインタビューを載せたいと思います。


まず、30歳の頃の派遣の工員だった頃のお話を聞かせてください。

はい。職場環境はそんなに悪くなかったです。
残業は月に20時間位で、最初の工場では住宅関係の器具を作っていました。
他には家具を梱包する工場に派遣されたり…。


ブラックではなかったのですか?

ブラックっぽい工場もありましたけど、そういう場合はすぐに派遣先を変えてもらいました。
基本的に『言われたことだけをやる』という感じでした。


どうして辞めたんですか?

え~、月の手取りは残業が多くても22万円くらいなんですね。
残業が極端に少ないと手取り18万円くらいの時もありました。
とりあえず生活するには大丈夫でした。
でも、ある日、正社員の人たちの給料を知ったんですね…。


正社員の人はいくら位もらっていたのですか?

僕より年下で仕事をよくサボる人でも手取り23万円くらいなんです。
それに加えてボーナスで約50万円が2回ももらえます。
その年下の社員はいつも『給料が安い。金が無い』って言ってたんですね。
だから僕と同じくらいかと思ったら、僕より年収が全然高い…。
もうやってられないって思いました。


派遣社員は損だと気付いたんですね。

ええ、でも、それだけじゃないんです。
工場の課長や部長が『派遣社員に、正社員の給料のことは言うな』って指示が出てたんですね。
つまり僕らの給料が安いから、社員が高給って知ったら『やってらんねー』ってなるじゃないですか?
だから僕らの前では『給料が安い』って嘘をついてたんです。


いいように安い給料で働かされていたと?

はい、そうです。
それを知った時、腹が立ちましたよ。
でもよく考えると、損をする派遣社員になったのは自分なんですね。
自分で選んだ道なんです。


そうですね。そこから転職活動をしたんですね?

はい、もう不採用の連続でした。
無料の求人誌に応募しまくりました。
でも、ほとんどダメ…。
正社員で募集してたのに、面接行ったらアルバイトで働いてくれと言われたことも何度もありました。


どんな仕事を希望しましたか?

ずっと工場だったので、工場の生産管理とかに応募しました。


不採用の連続で心が折れませんでしたか?

はい、もう辛かったです。
僕がその時35歳でしたので、もうコレが最後のチャンスと思っていました。
でもここで諦めたらまた派遣工員になると思いました。
何度落ちても死ぬわけじゃないし、本当にダメだったらは派遣工員に戻ればいいと思って開き直りました。


では、転職に成功したときのことを教えて下さい

はい。僕は無料の求人誌(タウンワークなど)を読んで応募してたんですね。
結果はさっきも話した通りダメでした。
ある日、思い切って転職サービスに申込んで、スカウトを待ちました。


何故、今まで転職サービスのスカウトを使わなかったんですか?

え~、ああいう人材サービスは僕よりもっと優秀な人が使うものだと思っていました。
高卒で工場の派遣くらいしかやったことない僕だとスカウトがこないと思いました。


その結果、どうでしたか?

ハッキリってびっくりしました。
僕の希望に近いスカウトが5つくらいきました。
さらにスカウトからのメッセージで『派遣工員でも期間が長いので立派な職歴です』と言ってくれたんです。
その時、『あ、僕のやってきたことは無駄なじゃなかったんだ』と救われた思いでした。


そして今の職に就いたんですね?

ええ、第一希望は落ちましたが、第二希望の工場に転職できました。
大手メーカーの子会社で待遇は全然違います。
年収420万円くらいはありますね。
ボーナスってスゴイですね!貯金が一気に増えました!!


おめでとございます。
転職活動を振り返ってどうでしたか?



とにかく恥ずかしがらず、面倒くさがらずに『ダメで元々でスカウトを使え!』ってことですね。
大手の転職サービスに登録されてる
非公開求人の数と質は物凄いです!



そうですか。
大手の転職サービスを使ったことが最大の勝因ですね。
(この後、しばらく雑談をしてインタビューを終わりにしました)



今回、アキラさんが使った転職サービスは『リクナビNEXT』です。
圧倒的な営業力で非公開求人の数は業界一ではないでしょうか?


恥ずかしがらず、面倒くさがらず転職サービスを使ったアキラさんを見習ってください!
自分だけで転職活動をしても上手く行かない人にはオススメですよ!
一生が決まる可能性もあります!

とにかく登録してみれば分かります!
リクナビNEXT ↓↓

ブラック企業からの大逆転!!

こんにちは、家のクーラーが故障して死にそうな人材コーディネーターのヒロです!
今日は久しぶりに転職成功例の記事を書きます。


石川さん(29歳)
本人曰くFランク大学の文系学部卒業
人見知りでコミュ力は低いほう(本人の弁)
大学卒業後、大手外食チェーン店に就職
激務で3年後に退職
すぐに不動産販売の営業職転職するも3ヶ月で退職
人材コーディネーターを利用して、大手メーカーの子会社の営業事務に転職成功


まず、何で外食産業に就職したんですか?

元々は事務とかを志望してたんですが、10社くらい落ちてしまって…。
自分が入社できるのは、外食産業くらいだろうと諦めてしまいました。

ブラックな業界と知っていたんでしょうか?

はい(笑)もちろん知っていました。
でも説明会に行くと、『あ、思ったよりブラックじゃないんだ』って思っちゃいましたよ。
『仕事とプライベートの充実』とか『法令遵守』とか…とにかくホワイト企業アピールがすごかったです。

それで入社をしたんですね。

ええ、思いっきり騙されました(笑)
完全週休2日のはずが、休めるのは2週間に1日くらいでした。
給料はそれほど悪くないですけど、労働時間が長いので時給にするとメチャクチャ安いです。

休日についてお聞きしますが、最初は完全週休2日と言われたんですよね?

ええ、店長としての仕事は完全週休2日制でした。
休みの日は自発的に出勤してバイトと一緒に働けと暗に言われました。

給料・賞与について聞かせてください。

はい、金額だけ見れば給料はそれほど悪くないです。
(具体的な金額を聞いたが、大卒の平均より少し上くらい)
金額だけなら悪くないんですが、サービス残業があるので時給計算すると悲惨です。
ボーナスも2.5ヶ月分が2回なので、合計5ヶ月分は出ました。
でも、これもカラクリがありました。
ボーナスは『基本給』の2.5ヶ月分なんですね。
給料明細は基本給10万円くらいで、後は店長手当とか、能力給とか…。
結局、基本給の10万円の2.5ヶ月分なので1回のボーナスは25万円です。

退職理由は何ですか?

店長補佐として入社して、3年目で店長になりました。
店長になると休日は月に1日くらいしかありません。
売上が悪いと会議で吊し上げられます。
店長になって3ヶ月でバックレるように辞めました。

すんなりと辞めさせてくれましたか?

いえいえ!すごく引き留められました。
『お前みたいな無責任な奴は初めてだ!』と怒られたり、
『皆、厳しい仕事を乗り越えて一人前になるんだから、頑張ってください』と励まされたり…。
とにかく退職願を受理してくれませんでした。

最後はどうやって退職しましたか?

「これ以上、退職願を受理しないと弁護士に相談します!」と強気で言いました。

そしたら退職願を受理してくれたんですね?

はい、グチグチと文句を言われましたが、最後は受理してくれました。
そこから退職までは事務手続きだけなのでスムーズでした。
ただ最後の日に、『会社を辞めたんだから会社で作った人間関係を断て!』と言われて、
携帯電話にある同僚の電話番号を全て消させられました。

同僚とは連絡を取るなということですね?

はい、でも同僚の方から私に電話がかかってきましたよ(笑)
「おい、どうやって辞めたんだ?俺も辞めたいんだけど相談に乗ってくれ」って。

次に不動産販売の会社に入社したんですか。

はい、これも騙されました。
求人サイトでは、完全週休二日、営業事務とありました。
でも実際はテレアポで、一日中営業電話を掛けていました。
契約が取れないと怒鳴られるし、ほぼ詐欺のような会社でした。

そこは3ヶ月で辞めましたけど、すんなり辞められましたか?

ん~…そうですね、引き留められましたけど意外とすんなり辞められました。
私のようにテレアポで結果が出ない社員は必要なかったのでしょう。

そこから1年ほど無職期間ですが、何をしていましたか?

週3でガソリンスタンドのバイトをしていただけで、何もしていませんでした

転職活動もしていなかった?

はい、もう社員として働くのが怖くなったんです。
2回もブラック企業に引っかかってしまったので…。
ずっとバイトでもいいかなと思いました。

でも転職活動をしたんですよね?きっかけは何ですか?

27歳になったとき、このまま30歳になったら後悔すると思いました。
30歳になっても40歳になってもガソリンスタンドならバイトとして働けます。
だったら30歳になる前にチャレンジしようと思いました。

今度は人材コーディネーターを使ったわけですね?

はい、1社目も2社目も失敗した原因は自分が世間を知らないからです。
そんな自分がもう一度転職活動をしても、また失敗するのがオチです。
そこで色んな転職サイトを見て、20代限定の人材紹介サイトを知りました。

実際、人材コーディネーターと面談してどうでしたか?

目からウロコが落ちましたね(笑)
自分はFランク大学だし、職歴もボロボロです。
でも卑屈になる必要はなかったんです。
人材コーディネーターさんに言われました。
『そんなことよりも、20代ということが最大の武器です』って。

詳しい転職方法を教えて下さい。

え~、基本は自分の希望を伝えて、それに沿った求人を紹介してくれます。
その中で第一希望、第二希望を一緒に考えます。
一番良かったのは、業界・企業の良い所、悪いところをしっかりと教えてくれたことです。
転職サイトに掲載されている求人は良い所しか書きません。
でも人材コーディネーターさんは、悪いところも知っています。
もう1つは、自分の本音を伝えられたことです。
私は、『楽で長く続けられる仕事がしたい』という希望を正直に伝えました。

希望通りの求人がありましたか?

はい、大手企業の子会社の求人を紹介されました。
人材コーディネーターさんは最初にハッキリと言ってくれました。
『大手の子会社なので安定しています。仕事も営業事務で楽です。それはほぼ間違いないです。
 でも最初の3年位は年収は400万~430万円程度です。20年間勤めても650万~700万円くらいでしょう。
 安定していて楽な仕事ですけども、飛躍的な年収アップは無理でしょう』って。

その求人に応募したわけですね?

はい。
年収400万円もあれば十分過ぎます。
安定していて楽ならば年収300万円でも全然OKでした。

面接はどうでしたか?

私はとにかく面接が苦手でした。
人材コーディネーターさんに何度も練習してもらい、何とか乗り切りました。

具体的にはどんな方法で面接を突破しましたか?

…。
すみません、ちょっと言えない部分もあるので…。

わかりました。
では、今の仕事内容を教えて下さい。


はい、営業の結果などを社内システムに打ち込んだり、見積もりや注文書を作っています。

重要な仕事ですよね?

ええ、重要ですけども、基本的にはシステムに入力できればあとは自動でできます。
特に忙しくもありません。
親会社が相手ですので、1件の契約金額が大きいんですよね。
数をこなす中小企業とは違い、時間的な余裕は十分にあります。

今までの仕事とは全然違いますね!

はい、この前、生まれて初めて有給休暇を取りました(笑)

そうですか(笑)
最後に何か一言お願いします。


ええっと…。
そうですね、自分も30歳前に転職できました。
転職方法が悪くて失敗するのはもったいないです。
人材コーディネーターを使ったことと、私が20代であったことが良い結果に繋がったんだと思います。
悩んでいるとすぐに時間が過ぎて30歳になってしまうので、なるべく早く勇気を持って転職活動をしましょう。


石川さんは、成功した大きな理由は自分が20代だったからだと何度も言っていました。
そんな石川さんが使ったのは20代専門の転職サイトは『マイナビ20's 』です!

20代ならまだホワイト企業に入社できます!
後になって後悔するよりも、20代のうちに転職しておきましょう!!

マイナビ20's は↓


20代後半で職歴ほぼなしから安定企業の事務職になった

こんにちは!
年末へ向けて徐々に忙しなってきている人材コーディネーターのヒロです!
ブログの更新が遅れて申し訳ありません。。。
今日は、意外と人気がある『転職成功事例』を書きます。

松井さん(仮)
20代後半
大学2年時に中退
その後、飲食業のアルバイトをしていました。
3年が経ちホワイトカラーを目指して転職活動をするも結果が出ず、不本意ながら派遣会社に登録して工場で働くことになります。
いくつか工場を転々としているうちに、20代後半になり当ブログを読んで人材コーディネーターを利用してわずか1ヶ月で転職が決まりました。

今回は松井さんと直にお話をさせて頂きましたので、その要点を書きます。
(録音した音声データから文字起こしって難しい…)


-------------------------------


―まず、大学を中退したあと、飲食業のバイトをしていましたけど、中退後すぐに転職活動をしなかったんですか?

その時は、まずバイトしてお金を貯めようと思ってました。
転職とか就職はそのうちしようとは思ってましたが、具体的には何も決まっていませんでした。


―では、転職活動をしようと思ったきっかけは?

2つの理由があります。
飲食業のバイトっていうのは居酒屋チェーン店なんですけど、バイトの主力は大学生とか専門学校生なんですね。
『就職活動をして内定を取ったので卒業までバイトします』っていう人が多かったんです。
そういう人を見てると、俺もちゃんと正社員にならなきゃって思ったんです。
2つ目の理由は、バイトして2年目でバイトリーダー的なポジションになりました。
ハッキリ言うと、仕事ばっかり押し付けられて時給は数十円しか上がりませんでした。
もうやってられないと思いましたね。


―バイト先の居酒屋チェーン店で正社員に誘われたりしませんでしたか?

めちゃくちゃ誘われましたよ。(笑)
でも、絶対に嫌でしたね。
とにかく休みがないし、給料が安い。
酔っ払った客のクレームにも対応しなきゃならない。
仕事自体は嫌いじゃなかったですけど、さすがに社員になりたいとは思いませんでした。


―バイトを辞めて転職活動をした結果、どうでした?

全然ダメでした。
まずハロワに行ったんですが、噂通り介護、交通警備、派遣工員が大半でした。
あとは営業とかありましたけど、僕の性格じゃ営業は絶対無理だと思ってました。
転職サイトにも登録してwebから応募しましたけど、書類選考落ちがほとんどでした。
面接にも呼ばれましたけど、全然ダメでしたね。


―希望の職種とか業種とかは?

ホワイトカラーを希望していました。
元々、それほど僕は社交的な人間ではないので営業とか接客業は無理だと思っていましたので。
総務部とか人部とかが良いなぁって思ってました。
ところが、経歴が居酒屋のバイトだけでは全然話しにならなかったですね(笑)


―そして、派遣会社に登録して工場で働くことになるんですね。

はい、もう背に腹は代えられないと思いました。
とにかく働かないといけないと思いましたので。


―工場の仕事はどうでしたか?

大体4つくらいの工場を転々としたのですが、どれも体力的にはそれほど辛くは無かったです。
細かい作業と機械操作が多かったので、一度覚えれば後は同じ作業を繰り返すだけです。
ただ精神的には辛かったですね。
ずっと単純作業ですので。


―工場をやめて転職活動をしようと思った理由はなんですか?

当時働いていた派遣会社のホームページを見たら、旋盤工とか技能が身に付く案件がありました。
僕は派遣でもいいのでそういう仕事をしたいと思っていました。
それを派遣会社の僕の担当者にお願いしていましたが、うやむやにされてしまいました。


―希望が通らなかったんですね。

ええ、最初は『その案件は経験者のみだから』とか言われたんですが、『未経験者OK』って書いてあるんですよ。
そういう事を指摘しても、『でも社内選考で通らないよ』とか言うわけです。
最後は『次の契約更新はしません』と言うと、『次は希望だった旋盤の仕事に派遣するからもう3ヶ月だけ更新してください』と引き留めてきました。
でも結局、『社内で検討した結果…』とか言って希望の仕事には派遣してもらえませんでした。
さすがに我慢の限界だったので、何も言う気になれずに辞めました。


―そしてまた転職活動をする事になるわけですね。

はい。その時、色々と転職についてネットで調べたらこのブログを見つけました。
最初は自分だけで転職をしようとして失敗したので、今度は人材コーディネーターを使おうと思いました。
ちょうど20代専門の転職サービスがあったので申し込みました。


―そして今の企業に転職ができたわけですが、実際転職サービスを利用してどうでした?

まず、自分の希望にあった案件が多いことに驚きました。
あとは転職を成功させる心得を教えてくれました。


―転職サービスの中で一番印象に残ったことは何ですか?

とにかく20代のならホワイト企業への転職は難しくないと言われたことです。
僕は20代後半でしたが、企業から見ればまだまだ若手なんですね。
『20代なら仕事を選べるから、一番良い企業に就職しましょう』と言ってくれました。
自分は大学中退でほとんど職歴が無くてコンプレックスだったんですが、人材コーディネーターさんに勇気付けられて転職することができました。


―転職成功の秘訣は何だと思いますか?

僕の場合ですけども、大学中退で職歴もほとんど無い場合、自分だけで転職しようとしたのが失敗の元でした。
成功できたのは転職サービスを使ったからですね。
有名な転職サイトに登録してwebからも申し込んでも競争率が高いのでまず勝ち目はないですし、ハロワはブラックばっかりでした。
転職サービスで人材コーディネーターさんに色々と教わり、20代ということを最大の武器に転職が出来たことが秘訣だと思っています。


-------------------------------


松井さんの転職先を聞きましたが、公務員の次くらいに安定した企業のホワイトカラーです。
(企業名は内緒というお約束なので、これ以上は書けません)


今回、松井さんが使った転職サービスは『JAIC』です。
こちらは20代専門の転職サービスなので、残念ながら20代以外の方はご利用になれません。
ブラックな企業が多い、『外食産業』、『不動産』、『パチンコ関係』の企業は紹介しないと断言しています。
20代の転職希望者は、『JAIC』転職サービスを検討してください!



職歴ほぼ無しの36歳が優良企業からスカウト→転職成功

こんにちは!
ボロは着てても心は錦!
人材コーディネーターのヒロです!!
今日は久しぶりに転職成功例をご紹介します!

名前:田中さん
年齢:36歳
学歴:工業高校卒

田中さんは高校を卒業後、地元の工務店で職人として働いていました。
3年ほど務めた後はフリーターをしていました。
27歳の時、アルバイト先のコンビニで50歳のアルバイトが新人として入ってきました。
バイト仲間の大学生や20代前半の人達は『使えないオッサン』とバカにしていました。
しかし、田中さんは『もしかすると、この人は将来の俺かもしれない…』と不安になりました。
このままアルバイト生活は続けられないと思って転職活動をしますが、長年のフリーター生活のため職歴無しと見なされて正社員として就職はできませんでした。
やっと転職できても、契約社員として採用されて肉体的にキツイ工場へ派遣される(実質的には)派遣会社でした。
最初はそれでも頑張っていましたが、派遣先の年下の正社員より全然安い給料、派遣社員への待遇が不満で1年で退社しました。
その後も採用されるのは派遣会社ばかりで、技術も身に付かないまま生産現場を転々とします。
田中さんは、思い通りに行かない転職活動に疲れ、いつしか転職活動をやめてしまいました。

『今の派遣でも生活に困らないだけの給料はもらえてるんだから、このままでもいいや』

そういう気持ちが強くなり、派遣社員のまま35歳を迎えました。
そんなある日、当ブログを見て『やっぱりもう一度転職活動をやってみるか!』と開き直って転職活動を始めました。
『転職活動はスカウトを受けるのが第一』という当ブログの言葉を信じ、一度登録して全然スカウトが来なかった転職サイトに登録しました。

登録するプロフィールや自己アピールポイントは今までにない無いくらい丁寧に記入しました。
スカウトは何通か来ましたが、派遣会社と外食産業が多く、田中さんの希望とは程遠いものでした。
しかし、中には工場の生産ライン(正社員)やルート営業などもありました。
数年前に同じサイトに登録したときとは明らかにスカウトの量も質も違いました。

田中さんは『定年まで安心して働ける仕事に就く』という観点から、ルート営業を3社、工場を2社を受けることにしました。
ルート営業は1社から内定をもらい、工場の方は1社は1時面接で不採用になりました。
残るはもう1社の工場ですが、ここはそこそこ程度知名度のある製薬会社です。
ルート営業でも就職できればいいと思っていた田中さんですが、給料は製薬会社の生産ラインのほうが断然上です。
ダメ元で面接を受けました。
面接は和やかなムードで進みましたが、面接官の質問は鋭く、後に田中さんは『一番怖い面接だった』と言っていました。

面接で主に聞かれたのは、以下のものです。
・志望動機
・長年フリーターをしていたのはなぜか
・派遣社員として経験したこと

田中さんは、全て正直に答えました。

<志望動機>
自分は工場で生産ラインの経験があり自分に向いている。
御社なら腰を据えてじっくりと仕事に取り組めると思う。

<長年のフリーター生活について>
転職活動をしながらフリーターをしていたが、不景気で転職が思うように進まなかった。
職は選ばなければあったが、歩合制の営業など離職率の高いものばかりだった。
そういう職についてすぐに辞めてしまうくらいなら、フリーターを続けながら自分に合う転職をしたいと思った。

<派遣会社で経験したこと>
転職活動は厳しかったが、フリーターを続けるよりは派遣会社に就職して社会を知ろうと思った。
転々とはしたが、生産ラインでの作業は自分に合っていると知った。
仕事中は常にマニュアルを順守して安全に気を配りながら作業することが第一と思っている。

田中さんの面接での受け答えは決して気の利いいた答えとは言えません。
しかし、嘘をつかず素直な態度が気に入られ、次の面接へ進みました。
次の面接では、今までの仕事内容を素直に答えて終了しました。
私の私見ですが、2次面接は田中さんの今までの仕事内容を聞いて、採用する際にどんな仕事を任せるかの判断したのだと思います。


結果、田中さんは見事に製薬会社の生産工場に内定しました。
年収は月に20時間程度の残業代を入れて480万円ほどです。
現在は入社して4ヶ月目ですが、深い人付き合いも無いのでライン作業に没頭し、大きな心配事もないそうです。


田中さんはこう言いました。
今までは将来のことを心配しながら仕事をしていましたが、その心配がなくなり人並みの収入を得られるようになって心に余裕が出来た。
(派遣社員の頃は)契約の更新の時期になると心配で、同じ派遣の人が契約更新されないでいなくなるのを見て、『次は俺かもしれない』と思っていた。
何よりボーナスがあるのが本当に嬉しい。
今までは派遣先の社員がボーナスの明細票を見せ合っているのを、影から見て文句を言っていたが、今年は自分が何十万のボーマスをもらえると思うと今から何に使うか迷っています。


私は田中さんの成功をこう分析します。

<転職が有利な時期に活動をした>
就職・転職には社会情勢が非常に大きく影響します。
一流大学を出ても就職先がなかった就職氷河期。
大学を出ていなくても一流企業に就職できたバブル期。
こんな不公平なことはありませんが、これはもはや個人ではどうすることもできません。
ネットで社会の悪口を書く前に、『現状、どの選択がベストか?』と常に考える必要があります。
特に今は転職市場が活況です。

<スカウトを利用した>
もう何度も書いていますが、今の転職活動はスカウトを待つのが上策です。
アルバイトでも派遣社員でもいいのでとりあえず働いて毎月給料をもらいながら、転職サイトに登録してスカウトを待つ作戦が一番効率が良いです。
(ダメ元でガンガン応募するのも決して悪くはないですが、効率は悪くなります)
『去年登録したんだけど、スカウト来なかったよ』と言う人がいますが、これは絶対ダメです。
去年と現在とではスカウトしてくる企業が全然違います。
もっと言えば、半年経てばスカウトしてくる企業は大きく変わります。
それほど現在の転職市場は活況です。
転職サイトに登録するプロフィールは丁寧に書き、経歴や経験なども嘘にならない程度に誇張して書きましょう。


転職サイトに一度登録したけど、スカウトこないから辞めたという人が多過ぎです。

最初の1打席でホームランが打てると思っていませんか?
打者の能力を1打席だけで判断することは出来ないはずです。


とにかく、スカウトが豊富です。
登録してプロフィールを丁寧に書いてください。
田中さんが使ったサイトは、リクナビNEXT!