企業の情報は絶対に調べよう

こんにちは!
冬でも心は熱い人材コーディネーターのヒロです!

当ブログを読んで、去年の12月から就職・転職活動をして、最近になって内定をもらった方が数名おります。
本当におめでとうございます。会社でのご活躍をお祈りいたしております。
また、そういった報告を頂き、このブログをやって良かったと思っております。
これを励みに皆様に有益な情報をお届けしたいと思います。

当ブログやメールで内定先の企業名を書いていただけるのは、参考になりますので大変嬉しいです。
ただ、『この企業は大丈夫か?』という質問についてはお答えができませんのでご容赦願います。

ご報告をしていただいた皆様の中に、若干名ではありますが、心配な企業に就職しようとしている人がおりました。

その企業名や、なぜ私が心配しているかをここでは書きませんが…。

以前に企業の評判を調べる方法を書きました。
それもネットにしては非常に信頼性が高い評判を調べられます。

詳しくは、2012/11/28の記事に書いています。
(利用時の注意事項はよく読んでください)


心当たりのある方はすぐに調べてください!
下手をすれば一生に関わる問題になりかねません!



これは、冒頭で書いた内定を取った方にだけ書いているのではありません。
これから就職・転職活動をする全員に向けて書いております。
ネットから応募をする場合は、片っ端から応募してください。
ただ、ネットでの選考が通過して面接に呼ばれたら、その企業の評判をしっかり調べてください。
もし『あ、ここで働いても続かないな』と思ったら、面接に行く前に断りましょう。
内定をもらってから評判を調べて断るというのは、効率が悪いです。


さらに紹介した『キャリコネ』ですが、評判が書き込まれている企業は大企業だけではありません。
中小企業にも元社員の方などが積極的に書き込んでおります。
就職・転職で失敗するリスクを少しでも減らすためには、できる限りの情報を集めましょう。


最後にもう一度書きます。
2012/11/28の記事に詳細が書いてあります。
注意事項はよく読んで利用してください。

2013年は転職・就職の大チャンス

こんにちは!
正月気分が抜けない人材コーディネーターのヒロです!
今日は現在の就職・転職状況をお話します。

前回の記事で、『景気が回復しつつあり、求人が増えいるかどうかを独自の情報網を使って確かめる』と書きました。
え~、その結果ですが、独自の情報網を使うまでも無く簡単に調べられました。
まず、取引して頂いている企業に挨拶回りをしたのですが、その大半の企業から『ウチも今年は人を増やそうと思ってるんだよね』と言われました。
これは『いい人がいたら紹介してね』という意味です。

また、転職サイトですが、現状では求人数自体は横ばい~やや増と思われます。
しかし、急に非公開求人が増えています。
非公開求人が増えている理由は1つです。

ライバル企業に知られずにこっそりと人材を集めたいからです。

大々的に公に求人を出せば、ライバル企業も宣伝の意味を含めて求人を出してきます。
そうなると応募数が多くなるので選考も大変ですし、良い人材がライバル企業の方に行って可能性もあります。
だからこそ、非公開求人を出すのです。

非公開求人を出してる企業からオファーが来たら、
本気で採用を考えている企業からのオファーだと思ってください。


おっと、今日の本題は現在の就職・転職状況でしたね。
では率直に言います。
政権交代で株価は上がり、円安になりました。

製造業を中心に非公開求人が増えています。

もちろん、製造業には事務職も生産管理職も必要です。
モノ造り職人さんだけが必要とされているわけでありません。


では、最後に本日1番書きたいことを書きます。
株価回復、円安傾向になり就職・転職戦線は売り手有利に傾く可能性が高いです。
(今までが悪過ぎたので、これ以上の悪化することは無いと思います)


今年2013年は就職・転職の大チャンスです。


1.求人が多くなる
2.採用者が増える
3.企業が十分な人材を確保する

上記の3のように企業が十分な人材を確保してしまうと、景気は良くても採用は厳しくなります。
例えば製造業の場合は3の状況になると正社員ではなく、派遣工員を募集します。
このときには人手が足りないので、派遣工員の時給は高くなります。
つまり、『時給が高い派遣工員』の求人が増えてきたら企業はすでに十分な人材を確保したという証拠です。


『そんなこと言ったって、低スペックの俺は採用されね~よ!』
『30代職歴無しの俺はどうしたらいいんだ!』
と、思う人もいるでしょう。
しかしこのチャンスを逃すのはダメージが大きすぎます。
次回は今現在働いている人・働いて無いけど職歴ある人・職歴無い人などパターンに分けて就職・転職の戦略を書きたいと思います。
今週中には更新する予定です。(あくまで予定です)
では次回お会いしましょう。



『人材バンクネット』は非公開求人が増えています!
まだ登録者が多くないので、絶対に今がチャンスです!

転職成功分析 1人目

あけましておめでとうございます。
人材コーディネーターのヒロです。
今年もよろしくお願いいたします。

さて、前回の記事で紹介しました転職成功者の鈴木さんが何故転職に成功できたかを書きます。
まず大前提として時期が良かったということです。
鈴木さんが転職活動をしたのは衆議院解散を発表してからすぐでした。
株価は上がり円安になりました。
企業にとっては勝負どころです。
そこで体力がある程度ある企業は仕事が増えるのを見越して求人を出します。
そこにグッドタイミングで鈴木さんが飛び込んだのです。

次に、鈴木さんには正社員として働いた経験は無くとも、派遣とはいえ工場でモノづくりの経験があります。
企業は工場でモノづくりを多少でも知っているという経歴を買いました。

つまり、『企業は派遣工員でも職歴としてみなした』と言っても過言はありません。

これは非常に大切です。絶対に忘れないでください。
2chでは、『派遣は職歴にならない』という書き込みがあります。
もちろんそういう企業は存在します。
しかし、そうでない企業も存在するのです。


鈴木さんは面接でのアピールが上手でした。
これも内定の決め手になりました。
自分が派遣工員になったきっかけを話し、そこで見たことや実際にやったことを話しています。
その上で、自分はモノづくりが好きだから腰を据えてじっくり働きたいとヤル気をアピールしています。
また、企業も意地悪な質問をする面接ではなく、相手の良いところを聞き出すような非常に良い面接をすると思いました。


最後の今回の鈴木さんの一連の就職活動を通して感じたことは、鈴木さんには行動力があったということです。
『何とか正社員になるんだ!』という意気込みが無ければ、こういった行動はできません。
また今から就職活動をする人には、鈴木さんが面接に辿り着くまでに書類選考で不採用を何度ももらい、それでも諦めず行動したことを忘れないで欲しいと思います。

このブログを読んでくれた人の中で1人でも多く鈴木さんのような人が出てきてくれることを切に願っております。

では、最後にもう1度書きます。
転職に必要なものは何でしょうか?
それは、何度不採用になっても折れない心を持って気後れすることなく求人に応募することです。



・・・。
では、ここで情報を1つ書きます。
政権交代が起こり、景気が回復しつつあります。
それに伴って求人が増えています。
これから独自の情報網を使って確認を取るつもりですが、特にリクナビNEXTの非公開求人が増えています。
登録だけしておいてオファーが来るのを待つという作戦が有効です。
この情報が本当ならば、年明けに相当大きな動きが出るでしょう。
つまり、リクナビNEXTさんに1月中に登録しておけば、有利に転職活動を行えます。

リクナビNEXTの登録は↓からできます。