企業の内情は必ずチェックしよう

こんにちは!
クールビズは5月から開始してもいいんじゃないかと思っている人材コーディネーターのヒロです!

前回、『人材バンクネット』が狙い目と書きましたが、予想以上に反響がありました。
人材バンクネットで内定をもらった人、登録して数日で大手企業からスカウトが来た人、これ以上競争率を上げないで欲しいので人材バンクネットについて書くのを辞めて欲しいというお願いをする人…。


良し悪しは別として、反響を頂けると非常に嬉しい限りです。
これからも皆さんに有益な情報をドンドン掲載したいと思います。


さて、それでは今日の本題に入ります。
このブログを読んで転職活動をして内定をゲットして報告してくれる人が多々います。
本当におめでとうございます。
私もブログを書く励みになります。
報告をしていただき、誠にありがとうございます。

その報告の中で、○○株式会社に転職しようと思いますが、○○株式会社はブラックなのでしょうか?
という質問にはお答えできません。
それについてはご自身で調べて、ご自身で判断してください。

しかし、お調べする方法はお答えします。

私が人材コーディネーターとして非常に重宝している『キャリコネ』というサイトがあります。

キャリコネは転職サイトですので、スカウトメールなども届きます。
それだけでは、そこいらの転職サイトと同じですが、キャリコネの最強の武器は企業情報の豊富さです。
現役社員、取り引き社員、元社員の口コミが多く掲載されていて企業の雰囲気や年収など…ここでは発表できませんが、転職者にとって本当に知りたい生々しいまでの情報が掲載されています。


特に、先月内定の報告をして頂いた数名の方に申し上げます。
私は個別に申し上げることはしません。
しかし、このキャリコネで企業の情報を調べてください。
その上でご自身で入社するか否かの判断をお願いいたします。


そして、これから転職活動をする皆さん、あるいは転職活動をされている皆さんに申し上げます。

入社してからでは遅いのです。
世の中には入社してはいけない企業は多々あります。
まず集められる情報をしっかりと集めてください。

後悔は先に立たないですが、避けられる後悔もあります。
どうか、企業の情報収集だけは真剣に取り組んでください。


キャリコネは全て無料ですが、登録には審査があります。
だからこそ信憑性が高いです。
嘘を書かずに真面目に登録をすれば審査は非常に高い確率で通ります。
企業の情報量は私が知る限りでは1番のキャリコネを利用してください。

とにかく登録すれば私の書いた内容が理解できると思います。
『キャリコネ』は↓から!!


30代の転職事情

こんにちは!
仕事が忙しくてゴールデンウィークも働いた人材こーディネーターのヒロです!

今日は最近の30代の転職活動について書きます。
一言で30代と言っても職歴の有無や、30代前半と後半では違いがあります。

本日の記事は、非正規雇用しか職歴が無い30代(前半後半問わず)の転職の状況と成功させるコツについて書きます。


まず、何度も書いてきましたが、転職市場は売り手有利です。
つまり、企業側が転職者を歓迎しています。

『どうせ俺はいままで非正規雇用だったし、正社員は無理だろう』と諦めたらダメです。このブログを読んで一念発起したロクに職歴の無い30代の人でも正社員になった人がいます。


『35歳で職歴がまともに無いと正社員への転職は絶望ですか?』という質問が未だに来ます。
私は何度も書いてきました。
『そんなことを気にするなら今すぐ応募してください』と。

『○○歳だから』、『経験が無いから』、『職歴が無いから』と言い訳をしているうちは転職など絶望的です。
厳しい言い方をすれば、そういう人はこのブログを読むよりも生活保護をもらう方法が書かれているブログを読んでください。
そっちのほうがよほど建設的なのです。


では、本題に行きます。
やはりアベノミクスの効果は徐々に浸透してきました。
中小企業に仕事が回り始め、人材を募集する企業は増えてきました。

最近1ヶ月で最も増えた求人は中小企業です。
特に大手の子会社の求人は非常に多くなっています。
大手企業は景気がまだ本格的に回復していないので、人材の大量採用は時期尚早と考えています。
しかし仕事が増えてきているから売り上げは伸ばしたい。
そこで自社で採用するのではなく、子会社で採用しようという思惑があります。


これは大チャンスです。


中小企業とはいえ、親会社が大手ならばブラック企業であるリスクは減ります。
つまり安心して腰を据えて働ける企業である可能性が高いです。
たとえ非正規の30代でも十分にチャンスはあります。


ここで、もう1つ面白い情報があります。
大手企業は基本的に人材を募集する時は、大手の求人サイトを使います。
具体的にはリクナビNEXTとマイナビなどですね。
しかし、ここ数ヶ月間で求人数を伸ばしているのは、こういった大手の転職サイトだけではありません。


中堅の求人サイトが非常に活況です。


恐らく、人材を募集する企業は大手のリクナビNEXTやマイナビじゃなくても良い人材を採用できるということに気付いたのでしょう。
転職サイトはまさに戦国乱世ですね。


さて、とはいえ中堅転職サイトはまだまだ利用者が多くありません。
つまり競争率は低いです。
さらに非公開求人が多いので(これは大手転職サイトも同様ですが)、実際に登録しないと企業からのスカウトが来ません。
しかし、逆に考えれば、登録すれば競争率は低いので非公開求人のスカウトが届く確率は高いのです。


あまり内情を語るとマズイのですが、2つだけは絶対に覚えてください。
・中堅の求人サイトが活況
・非公開求人が増えている


まず、非公開求人が増えていて、競争率が低いという点で『人材バンクネット』がお勧めです。

もうここまで言えばわかりますよね?
実際に30代で非正規雇用の職歴の無い人でも、結構良い企業からスカウトが届いた実績があるから、私はここまでお勧めしているのです。


本当に騙されたと思って登録してみてください。
実績があるからお勧めしているのです。
人材バンクネットは↓よりどうぞ