転職力診断テストは精度が高い

こんにちは!
ボロは着てても心は錦の人材コーディネーターのヒロです!!

最近、この転職力診断の結果を印刷して持参し来る方が増えていると同僚から聞きました。
恥ずかしながら、この業界で働きながら初めてやってみました!

最初は、『ゲームみたいな奴で大したこと無いんだろうな』って思っていました。

しかし!診断結果を見て驚きました!!

・自己分析力
・将来ビジョン策定能力
・タイミング把握力
・企業分析力
・交渉、説得力
・ビジネス基礎能力

まぁ、この辺が数値化されるのは予想通りですが、『予想内定社数』まで算出されるのは予想外でした。
↓結果はこんな感じにキレイに出力されます。

転職力

しかし問題なのは、この『予想内定社数』の精度です。
まさかテキトーに算出したものじゃないだろうな…と思っていました。

そこで私たちは多くの転職診断結果を集め、色々とシュミレーションしました。
自分だったら、『この人には何社紹介できて、そのうち何社が有望だ』とか…。

その結果、この『予想内定社数』とほぼ一致しました。
マジで同僚と一緒に驚きました。
(若干、転職力診断のほうが少なめでした)


この『転職力診断』は@typeが今までの職業紹介のデータから算出したものだと思います。
決してテキトーに算出したものではないでしょう。


自分の現状を知る為にも、この『転職診断』は大変有効です!
10分程度で完了するので是非やってみてください!
会員登録が必要ですが、全て無料ですので絶対価値があります!!
転職能力テストはこちら↓


2014年の転職状況

こんにちは!
寒いときこそ大きな声で挨拶しましょう!
人材コーディネーターのヒロです!!


今日は今年(2014年)の転職事情を書きたいと思います。
まず、最初に言います。

去年から求人は増えて続けています。
今年は去年以上にチャンスです。

恐らく、2020年の東京オリンピックまでがチャンスでしょう。
建設業と製造業が上向きなので、まだまだ景気は上昇します。
これからサービス業の業績が伸びて来てから景気は一旦落ち着くものと思われます。


私は今年は製造業が狙い目!と思っております。
建設業は求人自体は増えていますが、経験者を優遇する傾向が強く、一般の転職サイトなどの求人はあまり増えていません。
一方で製造業の求人は非常に増えています。
(まぁ、これは今までが求人が少なすぎたのですが…)


さて、本題に入ります。
皆さんの現在の状況にあわせて以下の転職の戦術を参考にしてください。



・現在働いているけど転職を考えている人
・退職をして1年以内の人


上の2つに当てはまる人は、是非『リクナビNEXT』を利用してください。
リクナビNEXTは企業からのオファー(スカウト)制度があります。
まず、自分がどういった企業からオファーがあり、どの程度の条件(給料)で雇ってもらえるのかという目安になります。
現在働いている人は、とりあえずオファーだけ受けて現在の自分の条件と比べて検討して下さい。
働いていてもリクナビNEXTに登録して他者からのオファーを受けることは、自分の価値を知る絶好の機会です。
次に、退職して1年以内の人は多くの企業が注目する人材です。
まず求人数が日本でトップクラスの『リクナビNEXT』に登録して下さい。
景気が回復してきている現在では、かなり好条件の企業からオファーが来る可能性が高いですよ!




・職歴があまり無い人
・離職してから1年以上経っている人


上の2つに当てはまる人は、とりあえず『リクナビNEXT』に登録して、『人材バックネット』に登録してみてください。
『人材バックネット』はリクナビNEXTより競争率が低く、職歴が寂しい人にも比較的寛容です。
当ブログを見てくれた人で、職歴があまり無い人の多くは『人材バンクネット』で転職を成功させました。
『人材バンクネット』も『リクナビNEXT』同様に、企業からオファーがきます。
『リクナビNEXT』では気に入った企業からオファーが来なかったのに、『人材バックネット』では自分の希望に合った企業からオファーが来た事例も多いです。




何度も言いますが、株価も上がり景気は上向きです。
このチャンスに気合を入れて転職活動をしてください。
ご健闘をお祈りしています!!

ハローワークで詐欺会社を紹介された

あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします!
人材コーディネーターのヒロです!!

2013年の大晦日にこんなニュースがありました。

『特定商取引法違反(不実の告知)罪で有罪判決を受けた東京都中野区にあった健康食品販売会社「日本健康促進協会(日健)」の求人を、ハローワークが出していたことが分かった。』

yahooのトップに掲載されていたのでご存知の人も多いと思います。
簡単に言うと詐欺を行っていた企業がハローワークに求人を出していたわけです!

私はハローワークで転職はしないで、ハロワの求人は質が悪いものが多いのでハロワでの転職活動はしない方がいいと書きました。

しかし今回の件でハロワの求人の質の悪さは私の想像以上という確信を得ました。
賞与が無い、昇給が無い、サービス残業が多い…というレベルではありません。


今回の事件について、『詐欺を行う社員が悪い』とか『ハロワが詐欺企業の求人を出すのがおかしい』と言うつもりはありません。
(実質ノーチェックで求人を公開してしまうハロワはおかしいと思いますが)

この事件で『ハロワの求人は思った以上に危ない』と、再認識しておく必要があります。

もっと端的に言ってしまえば『ハロワは失業保険をもらいに行く場所であって、転職活動をする場所では無い』という認識を持ってください。


何度も書いてきましたが、転職をする際に最初に利用すべきは転職サイトか、人材コーディネーターです。
これだけはしっかりと覚えておいて欲しいと思います。

ハローワークより件数も質も圧倒的に上な転職サイトは多数あります。
私の情報では、『人材バンクネット』が採用率が大幅に上がっていると聞いています。
とりあえず登録して応募してみてください!
『人材バンクネット』への登録は↓よりどうぞ!