入社5年以内の若手の転職① 3年我慢しろ!は信じるな

こんにちは!
四季では秋が一番好きな人材コーディネーターのヒロです!!

今日は若手の転職について書きます。
実は、『入社2年目だけど転職したいです!』や『若手の転職はどうしたいいの?』というメッセージを今まで多数いただきました。
(メッセージを来れた皆さん、本当にありがとうございます)


この若手の転職については、3回に分けて書こうと思います。


では、若手の転職で一番大切な事を書きます。
いいですか?これだけは絶対に忘れないでください!!


『入社したら3年は我慢しろ!』は嘘!


いいですか、もう一回書きますね。


『入社したら3年は我慢しろ!』は嘘!


これだけは絶対に忘れないで下さい。


何でこんな嘘を言うか?
まぁ、だいたい想像付くと思いますが…。

若手に辞められると上司の評価が下がるから。
これから育てて会社に貢献する若手が辞めるのは会社にとって痛手です。
若手に辞められると、『あの部長は若手の管理ができない』と言われ、評価が下がってしまうのです。
だから、『3年は我慢しろ』とか『どこに行っても続かないぞ!お前のためだ!』と引き留めます。


さて、いいですね?
『3年は我慢しろ』は嘘という認識はしっかり持ちましたね?
じゃ、続けましょう。


具体的に転職活動って何するの?ということを書きます。
ま、基本的に今までこのブログで書いてきた事と同じです。
念のため、もう1回書きますね。


・原則的に仕事を続けながら転職活動をする
・無職になってからゆっくりと転職活動しようと思ってはいけない

まずこの2つですね。
無職になる=履歴書に空白期間ができることです。
これはなるべく避けたいですね。
それに無職になってズルズルとフリーター、ニート期間が伸びてしまうことがあるので、リスクが大きいです。
(ただ、超絶ブラック企業で生命の危険がある場合はこの限りではありません)

原則は働きながら転職活動をしましょう。
OKですね?
じゃ、次行きましょう。


次は、いよいよ具体的な転職活動の方法です。

『働きながら転職サイトに登録すればいいんでしょ?』と思った人いますか?


違います。

というか、それはダメです!



『え?だってこのブログに大手転職サイトに登録する書いてあったじゃん!』と、
熱心に当ブログを読んでくれた人は思うでしょう。
違うんです。ここだけ違うんです。


若手はまず人材コーディネーターを使ってください。
(人材コーディネーターとは、転職をサポートする人。呼び方は色々あります)


またここで1つ超大切なことを言います。
絶対忘れないで下さい。


今、人手不足の状況では、若手の転職者は金の卵!

どの企業も欲しがっています!



もちろん、大手転職サイトに登録するとスカウトがジャンジャン来ます。
ハッキリ言って、スカウトが多すぎて処理しきれないと思います。
だから大手転職サイトに登録するより、人材コーディネーターを利用してください。

と、書いても、怪しんで行動しない人がいます。

『面倒だから…』、『人材コーディネーターと面談するのは、なんか嫌だな…』と思ってしまったアナタ!
下手すりゃ一生後悔しますよ!!

今、転職業界のトレンドは『サイトに登録してスカウトを待つ』から『人材コーディネーターを利用して本当に良い企業に転職する』に変わりました。
『面倒だから』とか『なんか恥ずかしいから』という理由で人材コーディネーターとの面談をしないなんてあり得ない!!
恥ずかしくもなんともありません!


若手の転職の第一選択は人材コーディネーターを利用することです!


ここまでいいですね?じゃ、次に行きますよ。次で今回は終わりにします。
(ちょっと勢い良く書きすぎて、ちょっと疲れました)


人材コーディネーターとの面談について書きます。
え~、これは特に注意事項はありません。
あえて言うなら、『自分のやりたいことを正直に話すこと』ですかね。
例えば、『デスクワークで残業なしで給料は◯◯万円くらい』とか、ワガママを言っても全然OKです!
ここで無理に格好つける必要はありません。



JAIC
若手の転職に定評のある老舗のJAIC

外食・パチンコ屋・不動産(飛び込み営業)など
ブラックで有名な業界は一切紹介しないと明言しています!





まず説明会に参加して、納得ができた場合は面談に進みます。
老舗なので実績があり、若手の転職成功率は高いですが、
ホワイト企業率がとにかく高い!
利用者からの評判が非常に良いです



さて、次回は…若手の転職について第2回!

企業情報を調べる方法です!!