FC2ブログ

派遣で工場で働くことについて

新入社員の頃、お花見の場所取りをやったことを思い出した人材コーディネーターのヒロです!
朝からブルーシートで場所取りをしていました…。
とにかく寒かったです!

さて、今回は『派遣社員として工場で働くことについて』という題材で書きます。

このブログは『正社員になる!』ということをメインテーマに書いています。
なので、派遣社員として工場で働くことはちょっとメインテーマから外れるんですね。
では、なぜ書くか?

それは…。

下手な企業で働くより、派遣で工場で働いたほうが100倍マシだからです!


ただし、『工場』というのは、できるだけ大手企業の工場に限ります。
こう書くと、『大手企業の工場なんて俺のような低スペックじゃ入れねーよ!』と思う人はいますよね。

だからこそ、派遣会社を通じて入るわけです。
派遣会社を通じて大手企業の工場に入るのは比較的簡単です。
高卒だろうと、中年だろうと大丈夫です。

まず大手企業の工場なら作業がマニュアル化されているので、よくある理不尽なことを言われたりしません。
さらに安全に気を配っているので、3Kなんてことはありません。
社員食堂も割安で使える場合が多い。
(派遣社員は社員食堂が使えないというのは、昔の話しですよ)

こういうわけで、下手な企業で働くよりはよほど安定した生活が送れます。

そして、出来ることなら社員登用を狙いましょう。
私の知っている大手企業の工場は2年目から社員登用の対象になり、42歳で社員登用された人も知っています。


では、ここ1つ問題があります。
派遣会社に登録しても、派遣会社自体が大手企業の工場にツテが無いとダメです。
つまり、大手企業の工場に派遣してくれそうな派遣会社を見抜く必要があります。

基本的には、大手企業は大手企業と取引をします。
なので、誰でも知っている大手派遣会社を選ぶのが良いと思います。
そして面談では『できるだけ大手企業の工場に行きたい!』と正直に言ってください。
(↑これ重要です)

あとは、工場専門の派遣会社に登録するのも良い作戦です。
私が知っている中で一番評判の良いのは『工場ワークス』です↓

工場ワークス

もう一度書きますが、下手な中小企業で苦しい思いをするなら、派遣で工場で働くのも1つの作戦です。
ですが、派遣のまま満足せずに正社員を狙ってくださいね。