働きながら転職活動をする! - 正社員になる!

正社員になる! ホーム » 正社員になるために! » 働きながら転職活動をする!

働きながら転職活動をする!

こんにちは、人材コーディネーターのヒロです!

今日は転職活動に関して多くの人から、『仕事を辞めて転職活動に専念したほうがいいか?』それとも『今の仕事を続けながら転職活動をしたほうがいいか?』という質問を受けることがあります。

私は前職のメーカーの人事部にいたとき、多くの退職者を見送ってきました。
また、現職である人材コーディネーターとして多くの方の転職のお手伝いをしてきました。
その経験に基づく私的見解という前提ではありますが、私は自信を持って上記の問いにお答えできます。

まず皆さんはどう思いますか?
転職に成功する人の多くはどちらを選んでいると思いますか?

A:仕事を辞めて転職活動に専念する
B:働きながら転職活動をする

では、お答えします。
答えはBです。
圧倒的に、自信を持って、全身全霊を傾けて、Bとお答えします。
*私的見解であるということを重ねて申し上げてます
*現在の企業がブラック企業の場合は、この限りではありません。


仕事を辞めて転職活動に専念すると答えた人のうちのほとんどは『ただ今の仕事を辞めたいだけ』なのです。
今の仕事を辞めたいがために、『転職活動をする』という口実を作って自分を納得させているだけです。
そういった人がまともに転職活動をするとは思えません。

『俺はそんなことは無い、ちゃんと転職活動をする』と言っていても、いざ会社を辞めると『今まで辛かったんだからちょっとくらいのんびりするか』と言い出します。
その後は『せっかく失業保険が給付されるんだし・・・』と決まり文句を言い出します。
そして失業保険が切れる頃にようやく焦って転職活動を始めます。
そこで良い会社に就職できれば良いですが、可能性は高く無いでしょう。
最後に言う台詞は明白です。
『やっぱり会社辞めなきゃ良かった・・・』


もう1つ働きながら転職活動をする選択がGoodであり、仕事を辞めて転職活動をする選択がNoGoodである理由を書きます。
今から書くほうが、今日の記事で一番書きたかったことです。
これから書くところだけは覚えておいてください。

採用する側からすると、『仕事を辞めて転職活動をしている人がウチの企業に応募してきた』場合と、『今現在働いている人がウチの会社に応募してきた』場合では印象が違いますよね?

もうちょっと簡単に書きます。

『仕事を辞めて転職活動をしている人』は『仕事を辞める』ことがメインであると思われてしまいます。
仕事を辞めた結果、転職する必要がありウチの会社に応募してきたと思われてしまうかもしれません。

一方、『今現在も働いている人』が応募してきた場合、『今の会社よりもウチの方が魅力的だから応募してきてくれた』と思われるでしょう。


また、『働きながら転職活動をする』ことにはもう1つ大きなメリットがあります。
それについては、次回か次々回に書きます。
(ちょっと時間がないので・・・)



現在は転職サイトなどで転職活動も楽になっています。
働きながらでも十分に転職活動は可能です。
転職サイトに登録すれば、あなたの経歴を見た企業から連絡がくるようになっています。
つまり、あなたはパソコンから自分の経歴を入力するだけで転職活動を行えます。

まず、リクナビNEXTなどから登録してしてみてください。

リクナビNEXTの登録は↓からできます。


ランキング参加中!押してもらえると励みになります!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://seisyainninaru.blog.fc2.com/tb.php/11-9892135b