資格は有効? - 正社員になる!

正社員になる! ホーム » 正社員になるために! » 資格は有効?

資格は有効?

こんにちは。
人材コーディネーターのヒロです。

さて、今回からやっとこのブログの主旨にあったことを書いていこうと思います。
本日のタイトルは『資格は有効?』です。

最初に答えを言ってしまうと…資格は有効です。
就職を目指す皆さん、頑張って資格を取りましょう。


おい、資格より経験だろ!
ソースは2chだ!



はい、確かに資格より経験があるほうが就職には有利です。
それは間違いありません。
しかし、『資格よりも経験』という言葉を『資格を取得する=無価値』という意味で理解しているのであれば、それは間違いです。
資格を取得することに価値はあります。
『取得する資格』と『アピールの仕方』で十分な勝負ができます。

まず皆さんに大前提として理解して欲しいことは、『評価方法は企業によって全然違う』ということです。
このブログは20代~30代半ばの方を対象としてますので、その年代ならば経験よりも資格や資格を取得したという向上心を評価してくれる企業は数多く存在します。
2chでよく書かれている、『経験>資格』という書き込みは基本的には正しいと思いますが、その差は致命的なものでは無いということをしっかりと覚えて置いてください。

さて、当然ですが目指す職種によって就職が有利になる資格は異なります。
取得が比較的簡単で、かつ就職の際に有利に働く資格を以下に書きます。

ITパスポート試験
事務職を目指すならば、そこそこ価値のある資格です。
例えば営業やってたけど、事務になりたい!という方を担当した場合、私はまずこの試験に合格することを勧めています。

日商簿記検定2級
試験の難易度は前出のITパスポート試験より上ですが、日商簿記2級は非常に汎用性が高いです。
営業職を目指す場合でも、事務職を目指す場合でも企業である以上はお金の勘定は絶対に必要です。
『常にコスト意識を持って仕事をします』とアピール方法できます。

販売士検定2級
販売士検定は営業職を目指すのならば有効な資格です。
マーケティングに関する知識をアピールしましょう。

秘書検定2級
営業職・事務職を問わず評価される場合が多いです。
特に女性がこの検定に合格していると高評価を得られる場合があります。


この4つの資格を全て取得(合格)する必要はありませんが、履歴書の資格欄が真っ白よりは全然好印象を与えることができます。
何より面接においてアピールできる事があるというのは強みになります。
是非検討してみてください!


ランキング参加中!押してもらえると励みになります!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://seisyainninaru.blog.fc2.com/tb.php/4-ead3e145