第二新卒を採用する優良企業が多くなっています - 正社員になる!

正社員になる! ホーム » 第二新卒 » 第二新卒を採用する優良企業が多くなっています

第二新卒を採用する優良企業が多くなっています

こんにちは!
台風でも普段通り出勤した仕事大好きな人材コーディネーターのヒロです!
今日は第二新卒の転職状況のことを書きます。

現在、第二新卒の転職状況が大変なことになっています。

結論からズバーン!と書きたいですが、大変大切なので焦らずゆっくり丁寧に書きます。
まず、第二新卒の定義は何ですか?
答えは『新卒で就職してから3年以内の転職希望者』です。


はい!まず、ここが最初のポイントです。

第二新卒とは『新卒で就職してから3年以内の転職希望者』ですが、企業はあんまり気にしていません。

新卒で就職して4年目でも5年目でも第二新卒扱いする企業が多いです。

大体28歳くらいまでが第二新卒として通じる場合が多いです。




さて、転職サイトなどを見ても『第二新卒大歓迎!』という求人は少ししか増えていません。
それは何故か?
第二新卒を大々的に募集する場合は、転職サイトより人材コーディネーターに依頼する場合が多いからです。


はい!ここが2番目のポイントです。

第二新卒は転職サイトより、人材コーディネーターを使ったほうが良い転職ができます。

企業は人材コーディネーターに欲しい人材を依頼して、人材コーディネーターが適切な第二新卒に企業を紹介します。



理由は信頼できる人材コーディネーターが多くなった…という訳ではなく、書類選考や面接などに時間を掛けたくないというのが本音でしょう。

また、採用のプロの人材コーディネーターにある程度選別してもらうという理由もあるでしょう。



ここで、何故、第二新卒が人気なのか?ということにも触れておきます。
まだまだ新卒至上主義の社会ですが、新卒の採用は非常に難しいのです。

こいつは良い学生だ!是非来てくれ!と内定を出しても、学生は簡単に内定を辞退します。
社会を知らな過ぎる学生は、自分のイメージと違うとすぐに会社を辞めてしまいます。
ハッキリ言って、新卒採用はギャンブルの要素が強すぎます。
そこで企業はある程度社会経験があり、まだ若く、目標を持った第二新卒を求めています。


そして、現在は好景気に向かっています。
私の予想では2015年から本格的な好景気となります。
その時に戦力となる第二新卒を採用することに躍起になっています。

事実、私のところにも企業から第二新卒を紹介してくれ!と依頼が来ています。
特に、東証1部や2部に上場している企業が多いです。
(名前を出したい…けど、職務上、企業名は出せません)


はい、ここもポイントです。

現在、第二新卒を積極的に採用する企業が非常に増えています。
しかも、かなりの優良企業です。




次に、人材コーディネーターの利用方法をアドバイスします。

人材コーディネーターにはワガママを言っても大丈夫です。

給料、仕事内容、就業条件…など遠慮なく言いましょう。
さらに、今度の会社ではこういう事がしたい!という目標があれば非常に良いですね。

もちろん、自分の希望と合わない企業を紹介された場合は断っても全然大丈夫です。


では、人材コーディネーターを利用する上で絶対にやってはいけないことを申し上げます。

それは、バックレです。

申し込みをすると一番最初に人材コーディネーターとの面談があります。
その面談を無断で休むことだけは絶対にしてはいけません。
都合が悪くなれば、ちゃんとその旨を伝えて違う日に面談に行きましょう。

『とりあえず面談だけ受けて、自分が入社できそうな企業を聞いてみよう』という冷やかし半分でも全然大丈夫です。

重ねて申し上げますが、バックレだけは絶対にやってはいけません。

何故バックレはダメか?
社会人として失格だから?
もちろん、それもあります。

しかし、それだけではありません。
皆さんが思っている以上に、申し込んでおいて最初の面談をバックレるダメージは大きいです。
これ以上は申し上げる訳にはいきませんが、絶対に皆さんの為になりません。


絶対に人材コーディネーターとの面談をバックレはダメです。


これだけは、何度も申し上げておきます。



最後に、転職しようと思っているか悩んでいる第二新卒の人にアドバイスをします。
『今の仕事に大きな不満は無いけど、いつかは転職したいな』と思っている第二新卒の人は少なからずいます。

そういった人たちに私は安易に転職を勧めることはしません。
何故なら、転職は多少なりともリスクを伴うからです。

転職で必要なのは、社会で通用する技術、能力、人脈を持っていることです。

今の会社で3年、4年と働き続けたときに、社会に通用する技術、能力、人脈を持てるかどうか想像してください。

実際に3年、4年と働いてから転職しようと思っても、その時は第二新卒のカードを使うことはできません。


つまり、第二新卒として転職活動ができる時期は限られているのです。


3年後、4年後に社会に通用するものを持っていなかった場合、転職活動は不利になります。
これだけは忘れないでください。


もし、3年後、4年後に社会に通じるものが身に付けられないかもしれないと思ったら、気軽に人材コーディネーターに相談することをお勧めします。

現状より良い企業に入社できそうなら、入社試験を受けてみても良いと思います。
現状より悪い企業しか紹介されないなら、今の会社にそのまま在籍したほうが良いでしょう。

自分の価値を知る為にも人材コーディネーターを利用するという考え方も全然アリです。

大切なことなのでもう1度書きます。


第二新卒として転職活動ができる期間は限られています。

しかも今は第二新卒を採用する風潮が広がっています。

多くの大手企業、準大手企業が人材コーディネーターに第二新卒の紹介を依頼しています。

もし『いつかは転職したい』と思っているならば、試しに人材コーディネーターを利用してみてください。

3年後、4年後に後悔しないためにも、転職に対して真剣に考えてみてください。



私が本当に(マジで本当に)公平な目で見て、第二新卒の転職に一番強い転職サービスは「株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー」です。

『株式会社パソナ パソナキャリアカンパニー』は↓のリンクからどうぞ!!



ランキング参加中!押してもらえると励みになります!
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-10-22 16:55 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-11-06 19:12 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-12-18 22:14 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-12-26 13:33 │ from URL

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013-12-26 20:25 │ from URL

トラックバック

http://seisyainninaru.blog.fc2.com/tb.php/47-b1bb92b5