若手~中堅社員の転職が盛んになった理由

こんにちは!冬来たりなば春遠からじ!
人材コーディネーターのヒロです!

今日は結論から言います!


・正社員が足りない!
・若手~中堅社員の中途採用が激化!
・高い給料で転職者を奪い合う!
・従来の給与体系が崩れ始めた!
・年収予想サイトが事実上の暴露!
・企業幹部は大慌て!



え~、では順に説明しますね。


<正社員が足りない!>
まず、去年の夏頃のニュースです。
約4割の企業が『正社員が足りない』と感じているというアンケート結果が出ました。
そしてどこの企業でも中途採用が活発になります。
大手転職サイトを見ればわかりますが、求人数はとにかく増えています。


<若手~中堅社員の中途採用が激化!>
企業にとって最も欲しいのは若手~中堅社員です。
年齢で言うと25歳~35歳くらいですね。
もうとにかく今後10年、20年と会社を引っ張る人材集めに必死です!


<高い給料で転職者を奪い合う!>
さぁ、そうなると転職者の奪い合いです!
転職サイトに大きな広告を出して、応募者を集めます。
ライバル社の年収が450万円なら、ウチは年収500万年だ!
何を!それならば、ウチは530万円だ!
と、(ちょっと極端ですが)年収を釣り上げて採用する作戦に出ました。

これ、何を意味するかわかりますか?
ある意味、革命と言っても過言ではないですよ。
ココから重要なことを書きます。


<年収予想サイトが事実上の暴露!>
日本の企業は『若いうちは苦労しろ』という経営者にとって非情に都合の良い理屈を押し付けられてきました。
特に給料は40歳までは不当に低く、40歳から一気に増える傾向でした。
若いうちは安くコキ使われて当たり前…こんな理不尽がまかり通っていたんですね。
これを日本型給与体系と勝手に命名します。
さらに『転職は悪』という概念を植え付け、若手~中堅社員を縛り付けてきました。
しかし、やっと…やっと『社員を採用するためには年収をあげる!』という決断を下す企業が増えてきました。
これは日本型給与体系が崩壊し、若手~中堅社員が正当に評価される時代の到来を意味します。


<年収予想サイトが事実上の暴露!>
そして約半年ほど前から、年収予想サイトでは頻繁にシステムの更新が行われました。
若手~中堅社員が転職した場合、予想年収が上がり始めました。
つまり正当な評価をする企業が増えたため、それがシステムに反映されたわけですね!


<企業幹部は大慌て!>
そうなると慌てるのが、悪しき日本型給与体系で若手~中堅社員を安くコキ使ってきた企業です。
他社に転職する社員は増える。
かと言って、急に給料を上げるわけにはいかない…。
今後、経営者にとって都合の良すぎた悪しき日本型給与体系を守ってきた企業は一気に衰退します。


今、若手~中堅社員の年収を最も適切に判断できるのは@typeの年収予想サイトでしょう。
少なくとも私はそう思います。

こんな風に詳細に結果が表示されます↓
本当に年収アップしてるかどうか、自分の目で確かめてください!!


転職力

仕事内容に比べて評価が低いと思ってる人!
転職したいけど、年収が下がると思って一歩踏み出せない人!
ぜひ、年収予想をしてください!

もしかすると、日本型給与体系にハマって大損している可能性があります!
膨大なデータがあるからこそ、正確性の高い年収予想ができます!
@typeの年収予想はこちら↓






楽でそこそこ給料の良い社内SEへ転職成功!

新年明けましておめでとうございます!
お年玉をもらう年齢は遥か昔の思い出…人材コーディネーターのヒロです!
今年も月に1回~2回のペースで更新します。

さて、新年一発目は『ブラックIT企業から社内SEに転職して大成功した!』という体験談です。
よく『社内SEは楽で給料も良い』って聞きますが、当ブログではほとんど取り上げていませんでした。
その理由は、情報が集まらなかったからです。

しかし!働き方改革とか人材不足とか…そういった理由で社内の情報部門に人を集める企業が増えました!

社内の情報部門に人を集める企業が増えました!

(大事なことなので2回言いました)


では、社内SEへ転職した太郎さんへのインタビューです!


年齢36歳(未婚)
専門学校卒
IT系の派遣を3年で退職、フリーターを5年した後、去年までIT系の派遣会社でした。

経歴はあまり良くありません。
さらに、IT派遣なのでシステム構築の上流工程の経験も、マネージメントの経験もありません。
そんな太郎さんが、思い切って社内SE専門の人材コーディネーターを利用して大手の子会社に転職成功!
転職前と転職後の違いを聞きました。

年収380万円→460万円
月の残業50時間→15時間
年間賞与20万円→90万円

太郎さんの談話(抜粋)
派遣時代は他社が作ったシステムのヘルプデスクみたいな仕事でした。
不具合の報告を受けると、原因を特定して上司に報告するだけ。
原因が分からなければ、開発会社に連絡する。
業務時間は無駄に長いし、スキルもつかない。
同じ派遣仲間が転職するのを見て、俺も転職しなきゃって思いました。
36歳で大したスキルもないのに大丈夫かと超不安でしたよ(笑い)

今は大手の子会社でシステムの運用をやっています。
開発会社に連絡してスケジュールを管理するだけです。
実際の運用は派遣のエンジニアに任せています。
昔の自分を見ているようですよ。(笑い)

大手の子会社ですけど、給料体系はほとんど親会社と同じくらいです。
福利厚生は前職とは比べ物になりません。
一番良いのは、『派遣の契約更新してくれるのか?』という不安が無くなったことですね。
契約更新をしてくれないと、今までの知識が無駄になります。
汎用的なスキルがあればいいのですが、私のスキルは派遣先でしか使い物にならないものばかり。
他の派遣先へ行ったら、またゼロから覚え直しです。
客先常駐だと本当に気を使うんですよ!
社員が仕事しないで談笑してるけど、自分は客先にいるんだからサボれないし!
(あとは省略します)

・派遣契約を更新してくれるか?という不安が常にある
・客先常駐は気を使う!
・新しい派遣先が会った場合、人間関係はゼロから作り直し!
・そもそも30代半ばで新しい派遣先があるのか?

え~、こんな感じでした。
赤字の箇所は、『必ず書いてください!』と念を押されたものです。(笑)

では、まとめます。

太郎さんは社内SE専門の転職サイトから人材コーディネーターを利用しました。


客先常駐に疲れた人!
派遣契約の更新に怯える人!
今は情報部門を強化する企業が増えているんです!

ガチのマジで転職を考えている人だけ利用してください。

こんかい太郎さんが利用したのは『社内SE転職ナビ』というサイトです↓
(もちろん完全無料ですよ)





1つだけ追記します。
このサイトは登録すると面談があります。
だから、ガチのマジで社内SEに転職を考えている人だけ利用してほしいです。
『面談とか面倒で嫌』という人は利用しないほうが賢明です。

外食産業が定休日を設けても社員は楽にならない

今年は暖冬だって言った奴はどこのどいつだ!
寒い冬が苦手な人材コーディネーターのヒロです!!

申し訳ございません。
時間がないので、短い記事となりますがご了承ください。


今日は外食産業についてです!
外食産業で定休日を作る動きがありますね。

建前としては、人材不足を補うために効率的な営業をするためですね。
客が少ない曜日は店を閉めて人件費や経費を減らすということです。
まぁ、至極まっとうな理由ですね…。

でも、こういう目的もあるんですよ↓

ブラック企業、ブラック業界という批判を逸らすため

外食産業、介護業界、不動産(販売)などはブラック企業と叩かれまくっています。
特に外食産業は激務で休みがない上に、薄給であるため入社する人は激減しました。
(余談ですが建設業界よりも人手不足です)

そこで『ウチはブラックじゃないですよ!ちゃんと休めますよ!』という世間に向けてのアピールです。


そうかぁ、外食産業も定休日を設けて社員を休ませるのかぁ。
ホワイト業かになったんだなぁ…と、思った人!

そんなわけ無いでしょ!
何十年ブラック業界として知れ渡った外食産業の体質は、そんな簡単に変わりません!


つまり、どういうことか?


『店は休み』だけど、『社員が休み』とは言っていない!


社員を働かせてナンボの外食産業なんですよ!
社員は週休1日で働かせようが、週休2日で働かせようが支払う給料は同じです!
だったら働かせなきゃ損する!
これが外食産業の基本的な考えなんです!!


そして企業の情報を投稿するサイトにはこう書いてありました。
(現在は削除されちゃってるかも)



定休日は店内の掃除、それが終わると他店に応援に行きます。
社員の休みは1日たりとも増えません!
定休日が増えても社員の休日は増えていないことを留意してください



ああ!どこの企業か言いたい!暴露したい!!


でも、そんなことをすればこのブログの存在が危ぶまれます。
だから、あえてどこの企業なのかは言いません!


こういう情報こそ、転職者が本当に知りたい情報です!
勇気を持って投稿してくれた勇者に心より感謝を申し上げます!


そして…他にも同じような投稿があるかなと思って外食産業の企業を見ていたら…。

あ…結構あるわ(笑)

かなり内部の情報が投稿されていました(笑)


こういった情報をしっかりと集めてブラック企業(業界)を避けて転職をしてください!


今回、私が情報を集めたサイトはいつも通り『キャリコネ』です!
企業情報については情報量は業界でもトップクラス!
さらに情報の正確性も高い!(これは私が保証します!)

完全無料です。お金は1円も掛かりません!
ちゃんと登録すれば無料で本当に欲しい情報が見れます!

こういった優良な情報サイトを上手く使ってブラック企業を避けてください!

キャリコネは↓からどうぞ!!









楽な仕事で給料が良い『お宝求人』をゲットした人の体験談

こんにちは!!
禁煙10年目に突入した人材コーディネーターのヒロです!

今日は『給料がそこそこ良くて楽な仕事』(通称:お宝求人)をゲットした人たちの話しを聞いてきました。
いや、マジでこれ苦労しましたよ…。
まず、お宝求人をゲットした人は『他人に話さない』っていう法則があるんです。
当ブログを読んでメールを来れた人に根気強くお願いしてやっと実現しました。
マジでこのブログで一番役に立つ記事じゃないかなぁって思っています!
では早速紹介します!!


1人目:ユウキさん(男性)
年齢:34歳
学歴:専門学校中退
職歴:結構ボロボロ
現在年収:約450万円
自己分析:根暗、コミュ障、PC大好き
現在の職種:大手企業のIT系子会社

見事お宝求人をゲットしたユウキさんです。
都内の個室居酒屋でお話を伺いましたが…まず声が小さいです。
(テープ起こしに苦労しましたよ…)
そして、初対面から1時間は私と目を合わせてくれません。
どうやらコミュ障というのは本当ですね…。

ユウキさんはアニメ系で有名な専門学校を中退後、実家でフリーターをしていました。
親からは『正社員で働け』と言われ続け、25歳の時に実家にいるのが嫌になり自動車工場で期間工をやります。
しかし自動車工場の期間工は想像以上に厳しく、半年で期間工を辞めてしまいます。
その後は寮がある派遣会社で2年ほど働きますが、結局、実家に戻ります。
実家に戻ってからはコンビニ、ガソリンスタンド、短期バイトなどを繰り返しながら、とうとう30歳になりました。
父親が定年になり、いよいよ危機感を募らせたユウキさんは一念発起して転職活動を初めます。
しかし、大手の転職サイトに登録してオファーをもらい面接をしますが、コミュ障のため(本人の弁)なかなか採用には至りませんでいた。
そこでユウキさんは作戦を変更します。

大手転職サイトは競争率も高く、面接が下手で職歴がボロボロな自分では不利だと思いました。
なるべくマイナーで競争率が高くない転職サイトの人材コーディネーター(転職アドバイザー)を利用する作戦で勝負しました。
3社目でユウキさんの話をじっくり聞いてくれて親身になってくれる人材コーディネーターと出会います。
この人材コーディネータは今まではユウキさんに工場ばかり薦めてきたコーディネーターとは違い、ユウキさんの興味ある分野で仕事を探すべきだとアドバイスしてくれました。
肉体労働よりは、事務仕事。それもパソコンを使う仕事が好き、という理由から大手企業のIT系子会社に面接に行くことに決まりました。
履歴書の書き方、面接の練習などしっかりと対策をして面接に望みました。
そして書類審査が通り、1次面接、2次面接を突破しました。
最終面接では人材コーディネーターのアドバイス通りに下手に自分を飾らずに素直な気持ちで望みました。
そして見事内定を勝ち取りました。

仕事内容は親会社で使っているシステムの運用管理です。
具体的に書くと、システムの仕様と操作方法を理解して派遣社員に教えるだけ。
あとは派遣社員が親会社の利用者に操作方法のサポートをします。
システムのバグは開発会社に連絡すれば、開発会社が直してくれます。
元々パソコンが好きなユウキさんは全く苦になりません。
努めて4年になりますが仕事も辛くないし、年収も450万円と悪くないですね。

これ、一切脚色してないですよ。
本当にこういうお宝求人はあります。
不動産でも掘り出し物の物件があるように、求人でも掘り出し物はあります。

では、最後にユウキさに『これは絶対書いてください』と言われたことを書きます。
内容は転職に苦しんでいる人(昔の自分と同じ境遇の人)へのメッセージです。


・まず行動(転職活動)をしてください。
 何もしない人には何も起こりません。

・職歴、学歴がボロボロならば、捨て身になれます。
 捨て身だからこそ、思い切った行動ができます。
 失敗しても失うものはないのです。

・私はもっと早く行動して転職すれば良かったと後悔していました。
 でも、今は間に合って良かったと思っています。

・不採用でも諦めないでください。
 別に死ぬわけじゃないんです。
 私は20社くらいから不採用を言い渡されました。

・必要なのは覚悟と『正しい作戦』です。
 マイナーな転職サイトを選んだからこそ、お宝求人に出会えました。
 大手転職サイトは優秀な人材にお宝求人を紹介するでしょう。
 私は大手じゃない転職サイトを選んだからこそ、
 職ればボロボロでもお宝求人に出会えたと思っています。


ユウキさんが利用した転職サイト『type転職エージェント』です!
20代から30代まで幅広い年齢に対応してくれます!
競争率は底まで高くない!お宝求人が一番多いと掲示板などで書かれています!




ここでもう1つ朗報!
20代の若者向けで人気が上がっている転職エージェントは『パーソナルキャリア』です。
ニート、フリーターから一気に正社員になれる転職エージェントでかなり有名になってきています!
まだ競争率はそこまで高くない!若者向けでお宝求人多数との報告があります!
まず、↓のホームページを読んでweb登録してご利用ください!


入社5年以内の若手の転職② 自分の価値を正しく把握しろ!

こんにちは!
やっと暑さから開放されて嬉しい人材コーディネーターのヒロです!
今年の夏も暑かったですね…。

現在深夜1時…眠気に耐えながら記事を書いています。

前回の記事で、若手の転職は『人材コーディネーターを使え!』と書きました。
では、実際に人材コーディネーターと面接した転職希望者はこう言います。

『色んな企業を紹介してもらったけど、自分に合った企業はどれだろう?』

(↑これ超重要)


そうなんです!

人材コーディネーターは多くの企業を紹介しますが、最後に決めるのは自分自身!

最後に決めるのは自分自身!!

(大切なことなので2回言いました)


では最初の問題に戻ります。

自分自身で『俺にどんな仕事があってるのか?』ということですね。

では、単刀直入に申し上げます。もう眠いので



転職力診断テストをやってください!!

・登録すれば誰でもできます!(簡単登録!)
・お金はかかりません!完全無料!
・更新頻度がマジで高いので、現状の転職状況に適応してます!(←超重要)

↓こんな感じで詳しく診断してくれます!
転職力



この診断を元に、自分の価値と合っている仕事を把握してください。

これ、マジでやる人とやらない人とでは差が出ます!


転職力テストは↓からどうぞ!